リハーサルを終えて

アナログ技術セミナー2017のリハーサルが,アナログデバイセズ社の竹芝オフィスで有りました.大きな会議室で関係者が集い2日間集中で行われるのです.このリハーサルは単なる予行演習ではなく,発表した内容への容赦のない「つっ込み」が有るのです.

2017-8-27blog1

図や文字のミスの指摘はもちろんの事.物語の揺らぎの指摘,説明の矛盾やあいまいさ,セミナーで想定される質疑応答など,まぁとにかくガンガン来るのです.ほんと冷や汗です.でもこれがこのセミナーの品格を保つ理由なのでしょう.確かに募集一週間でほぼ満席ですからね.

で,私にもいくつか鋭い質問がありました.実はさらりと説明をした「サレンキーフィルタは雑音が大きい」という説明に,AD社のIさんがガッツリ質問をしてきたのです.サレンキーフィルタは図の様に正帰還があるので,残留雑音が大きいという説明がほぼ一般化しています.ですから私もそのままを引用し説明しました.

2017-8-27blog2

でも考えてみると実験はしていない.で早速次の日にサレンキー,多重帰還,FDNRの各フィルタの残留雑音を測ってみました.すると衝撃の事実が明らかになったのです.今までの定説とは真逆にサレンキーが一番低雑音だったのです.しかも広範囲にわたってフラット.

2017-8-27blog3

昨年も世の中の定説を覆し,ツェナーダオードが低雑音であることを実験でお見せしましたが,これと同じ結果になったのです.

さて,サレンキー,多重帰還,FDNRの中で何故サレンキーが一番低雑音なのか.その理由は半日ほど考えてやっと解りました.解ってしまえば簡単な理由です.これは当日のセミナーでお話ししますね.

ほんとやってみないと解らない.実験しないと解らない.まさにこれです.そしてこれが技術の面白さでもあります.